ABOUT US会社案内

  1. トップページ
  2. 会社案内

経営理念

感謝と貢献。みんなを豊かに

  • 世のため、人のために、お役に立つ真心のあるサービスを届け、社会の発展に寄与する
  • 全員経営で、全てのステークホルダーに共感を生む企業・人となり、ありがとうのために尽くす
  • 仕事を通してサクラボという名の通り、我々が生きた証を残し、未来のための資産と幸福を創造する
  • 社員の成長なくして、会社の発展なし、会社の発展なくして、社員の幸せなし

– 在るべき姿 –

サクラのように、記憶に残るサービス、人となる
ラボのように、その業界発展のために寄与する

サクラボという社名の由来

SAKURABO

“サクラ+ラボ”でサクラボという造語を会社名に致しました。
数ある木でも、人が集い、人が想いを馳せる、「桜」 と ラボの様に、成長するために、研究し改良改善を行う姿勢「ラボ」。

真心のあるサービスを届け、皆様の企業活動や人生の中で“サクラ”の様に一瞬でも咲き誇り、記憶に残る仕事をしたい。春の短い期間しか咲かない花を寒い冬でも人が愛するように、我々もその様になりたいという気持ちから“サクラ”という言葉を。
そして、我々自身が謙虚さを忘れず、常に成長し続けるために『一生勉強=研究』という事でラボという言葉を。

これらの想いを社名とし、現在は、単なる造語ですが、皆様にとって「あたりまえ」の単語に慣れればと日々邁進しております。

100年ビジョンVISION

100年後、サクラボグループは、それぞれの事業を通して
世界中の会社・個人が持つ「迷いと悩み」の解決をサポートし、
社会価値を創造する企業として、あたりまえの存在になっている

100年ビジョンとは?

サクラボという法人格が今のメンバーの
理念・志を受け継ぎ成し遂げて欲しい姿を言語化したものです。
理念は、心の在り方・考え方。
ビジョンは、成し遂げたい姿。
サクラボにとって、理念とビジョンは最上位概念となります。

100年以上存続する会社を、関係する皆様(社員・その家族・お客様・株主・お取先)と共に創り、
そのための30年ビジョン、10年ビジョンも策定しております。

なぜ100年ビジョンを創ったのか?

イソップ童話の3人のレンガ職人の話はご存知でしょうか。
人生というのは「何のために」があると輝きを放ちます。

創業から7期を迎えた時に「創業の想い」「何のために働き、仕事をしているのか」を創業者は考え抜きました。
経営者である早坂は、東日本大震災を経験し、会社の存続のために「お金、資金繰り」のために仕事をしていたという事を否定は出来ない現実がありました。

しかし、ある出会いを契機に、会社というのは、お客様、働く社員、地域社会など皆のものであり、皆を豊かにするために存在するという創業の想いを思い出しました。
人生は一度きりであり、いつかこの世から去るという現実から逃げず我々自身が輝きながら「人のお役に立つ」というビジネスの本質からブレないために100年後も受け継いで欲しい在り方をビジョンとして策定しました。

なぜ100年ビジョンを創ったのか?

今後10年で自動車の業界にとって
「あたりまえに必要なサービス」になる事を目指します

サクラボは2015年に自動車業界に存在する課題を、「人材サービス」と「WEB・IT」で解決するという事業を展開し始めました。

働き方の多様性、ポジティブな人材の流動性を自動車業界にこそ活用すべきと考え、サービスを開始したのがカンパネルです。

カンパネルは事業ありきではなく、人ありきでスタート致しました。
つまり「この事業をやりたい」というメンバーがいてスタートしたのです。

サクラボが創業時より意識して取り組んでいた、「働き方の多様性」という価値観と自社で持つWEBサービスがあれば、さらに沢山の解決策が生まれるのでは無いか。そう思えたのです。

今後10年で自動車の業界にとって「あたりまえのサービス」になる事を目指します

豊かさを生んでくれた自動車業界とそこに在る課題

日本が物質的に豊な国と言われることになった背景には、新幹線や高速道路、空港といった交通網で流通を支えて来た自動車業界の発展があります。

・企業の抱える慢性的な人手不足
・社会に起こっているクルマ離れという現状

サクラボはまず10年集中して解決をするというチャレンジをします。

豊かさを生んでくれた自動車業界とそこに在る課題

先人が作ってくれた豊かさを
さらに豊かにして後世に・世界に展開していきたい

「朝、海でとれた新鮮で美味しい魚を夜、東京で食べられる」
「会いたいあの人にクルマで会いに行く」
という心が満たされるような豊さを、人手不足やクルマ離れによって衰退させるわけにはいきません。

こんなあたりまえの世の中を作ってくれた、ヒト、クルマの想いを我々は、人材サービスとWEBの力を使って貢献していきたい、後世に繋いでいきたいと考えます。

先人が作ってくれた豊かさを